FC2ブログ
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock 黒板

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

美人コントローラーβ ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

オイル交換・パート2

昨日、エンジンオイルをなぜ交換しないといけないかをお話ししましたが、
今日はエンジンが劣化してしまう理由を説明します。

と、偉そうに言ってますが、この話しはオイルの業者さんに教えてもらいましたキティー↑

まず、

エンジンオイルが劣化する原因と、

オイルに与える影響


添加物の消耗
 ⇒オイルの粘度が上昇して、潤滑性能が低下します。
  (天ぷら油を想像してもらうとイメージしやすいですね手書き星ずっと使うとドロドロですもんね手書き星

 ⇒熱によりオイルが化学変化を起こし酸素と結合して酸化します。
 ⇒発生した酸化物質(スラッジ)により腐食します。
水分
 ⇒オイルの変質・劣化します。
 ⇒エンジン内部にサビや腐食を発生させます。
 ⇒オイルを酸化させる原因となって、酸化物質(スラッジ)生成の原因の一つになります。
 ⇒オイル+水で、化学反応して白色になり、乳化した!という現象になります。
スス
 ⇒多量になるとオイルの粘度が上昇し潤滑不良を起こす、又、エンジン内部の磨耗を促進します。
ホコリ
 ⇒オイルと混ざり、磨き粉となってエンジン内部の磨耗の原因になります。

さてさて、エンジンオイルが劣化するとこうなるんだ~汗々とは分かってもらえたと思いますが、
では、
なぜエンジンオイルは劣化していくのかと言うと・・・

まず、一つ目に

走行距離です2つ星

通常の距離交換での場合は、エンジンオイルの劣化の一番の原因は熱による添加物の消耗で酸化物質(スラッジ)が発生して、スラッジの発生量に比例してオイルの粘度も低下します。
又、走行中にホコリがエアクリーナーなどからエンジン内部に進入し磨耗の原因にもなります。

続いて、二つ目に

期間です2つ星

期間交換の場合は、エンジンオイル劣化の一番の原因は水分によるオイルの変質・劣化が一番の原因になります。距離を乗ってなくても(たとえ0kmでも)気温の寒暖などからエンジン内部に水分が発生して、オイルの劣化に繋がります。(結露とイメージは同じですね手書き星
また、エンジン内部の空気にさらされる事によるオイル酸化もオイル劣化の原因になります。

以上のことから、走行距離や期間で、エンジンオイルの劣化の原因は違ってきます。

*余談ですが、
 ちょい乗り(エンジンが完全に暖まらない状態での運転)の多い車両もエンジンオイル内の
 水分が抜けず、これがスラッジの発生原因になりオイル劣化につながります。
 近所に通勤・通学の方は、毎日乗っていても上記のようになりますので気をつけて下さいビックリ

走行距離でのオイル交換はもちろんですが、

たとえ距離を走っていなくても

エンジンオイルは劣化していきますので、

定期的な交換をおすすめします
にこちぁん


昨日、エンジンオイルの説明で「天ぷら」で例えて話しをしましたが、
他のスタッフと話しているとスタッフによって説明が違うのでご紹介します。

T氏:石鹸でミニー
 「腕を手でこすると、赤くなるけど、石鹸をつけてこすっても痛くないでしょ?」と
 説明しているみたいです。

S氏:人間でミニー
 「エンジンオイル=血液
  ポンプ=心臓」
 人間もサラサラの血液が循環しているといいですよね。と説明しているみたいです。

と、人それぞれ色んな例えで説明しているのっておもしろいですよねキティちゃん

当店の工場長にも、話しを聞いてみましたびっくりマーク
さすが工場長★
エンジンオイルの作用は、意外にもたくさんあったのでご紹介します。
☆摩擦抵抗の低減
☆緩衝(しょうかん)=潤滑作用
 ショートするのを緩衝させる。
☆密閉作用
☆消音作用
☆清浄作用
☆防錆作用
☆冷却作用
     ●工場長談●
   オイルも酸化しますので、半年に1回は交換してくださ~い音符
                                          とのことです。

まわりの方で、オイル交換していない方を見つけたら、
交換する大切さを教えてあげてくださいねハート
 
スポンサーサイト