FC2ブログ
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock 黒板

グラフ ィカルとけい
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

美人コントローラーβ ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七草粥

今日は1月7日です。
七草の日です!!

なので、七草粥について調べてみました(^◇^)

1月7日は「人日(じんじつ)」の日と言われ、
七草粥を食べる風習は、人日の節句で正月行事として定着しています☆

※人日(じんじつ)とは、五節句の一つ。1月7日。七種粥を食べることから七草の節句ともいう。


人日とは文字通り "人の日"という意味で、中国の前漢の時代に、
元日は鶏、
2日は狗(犬)、
3日は猪、
4日は羊、
5日は牛、
6日は馬、
7日は人の日としてそれぞれの占いをたて、
8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来します。
さらに唐の時代には、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになりました。
羹はあつもの、汁という意味です。
また、官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に七種菜羹を食べ、立身出世を願ったといいます。

若菜を食べて、自然界から新しい生命力をいただきます。
この風習が日本へ伝来し、年のはじめに若菜を摘んで頂戴し自然界から新しい生命力をいただく「若草摘み」という日本古来の風習と結びついて「七草粥」となり、平安時代の宮中行事として七草粥を食べるようになります。

さらに、江戸時代に「人日の節句」(七草の節句)として五節句のひとつに定められ、定着していきました。

また、7日といえば松の内(一般的には1月1日~1月7日)の最後の日にあたります。
七草粥が定着した背景には、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願うようになりました。

と言うことです!!    (暮らしの歳時記より。)



七草粥に入っている、七つの若草の種類をご存知ですか??
七草 リアル
分かりやすい絵を発見(*^_^*)
七草 絵

みなさまも、年末年始の忘年会・新年会の暴飲暴食の機会も終わったと
思うので・・・・
今日は胃腸ウィ(笑)を労わり、栄養補給をしましょー♪



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。